交流ゾーン「風の森」

交流ゾーン

県民・読者や地域にいっそう親しまれ、明るく開かれた新聞社に…。
そんな思いを込めて、交流ゾーン「風の森」を設けました。
ホール、ギャラリー、カフェや屋内外に配したアート群。
この空間をさまざまな樹木が包み込みます。
緑と陽光の中を、風がさわやかに流れ、人々が行き交う。
語らいや、やすらぎ、文化の場を提供いたします。
 
[風の森の意味]

「風」には、情報が行き交うことや、時代の流れの意味があり、「森」には、やすらぎの場と人々が集い合うイメージを表しました。

本県出身の漢字学者、白川静氏からは「風の森」の揮毫(きごう)と解説をいただいています。白川氏は、「風」について、古くは神がその意を風に託して宣布したとして、「今でいえば、メディアである」と考察。そのうえで「この森は、その風の森である」と意味付け、メディアとしての福井新聞の役割に期待感を寄せています。この意味を深く自覚しながら、地域密着型の施設として多くの人々に広く利用していただきます。
 

施設紹介

風の森ホール


イスのみ300人収容、イスのみ(頭重ならず)230収容、机+3人脚イス165人収容

ホールは300人収容。高い天井空間、木調と純白の壁面の落ち着いた雰囲気、ガラス壁を通して外光が柔らかく入り込みます。音楽会、各種講演会など、いろんな文化的な催しにご利用いただけます。
 

プレス21


会議室兼ギャラリー、イスのみ80人収容、机+2人脚イス56人収容

多目的ホールとして会議や、ビデオ上映会などが開け、またギャラリーとしても利用できます。
 

風の森ギャラリー・風の森カフェ


展示用パネル30枚あり、(タテ1m、ヨコ0.9m)

 ホール前には、ホワイエとギャラリー、カフェを設けました。2階部まで吹き抜けの施設両側の壁面は、床から天井まで透明ガラス。屋外と一体感を醸し、開放感が漂います。絵画や写真、書などの作品発表の場として、幅広くご利用ください。

 美術鑑賞を終えたら、ギャラリーとバリアフリーで広がるカフェでティータイムを満喫できます。コーヒーなどの飲み物や特製ケーキを召し上がりながら、知的なひとときに浸ることができます。会議室等のお食事もご用意できます。ぜひご利用ください。

 また、屋外には、種類の竹とササや、ケヤキなどの高木、中低木の樹木34種類を植栽。緑に包まれた街づくりをアピールします。とりわけ、竹は日本文化の象徴で、「竹の庭園」を通して、竹文化の見直しを提案しています。
 また、これらの環境の中に、本県出身の国際的な彫刻家、土屋公雄氏が石組みの造形作品を制作。大地の生命力やたくましい福井の山並みなどを象徴しています。そのほか、現代美術の造形作品なども配し、アート回廊でアクセント付けています。
 

新聞おもしろ館


本館2階には、だれもが楽しく新聞と触れ合える「新聞おもしろ館」があります。新聞巻き取り紙、鉛活字時代の製作工程を今に伝えるビデオの上映、歴史的な出来事を報道した紙面の数々。ほか「紙と環境」「広告の歴史」「印刷と輪転機」など、楽しみながら学べます。

風の森ホール・ギャラリーなどご利用申し込み、見学のお問い合わせ

(株)福井新聞社 読者局読者センター

〒 910-8552
住所: 福井県福井市大和田2丁目801番地

TEL 0776-57-5140
FAX 0776-57-5141

「風の森」施設利用料金表(税別)

 

◆風の森ホール(設置料と空調費を含む)

 
時 間 土・日・祝日 平 日
午前9時~正午 52,000円 48,000円
午前9時~午後5時 71,000円 65,000円
午後1時~午後5時 57,500円 53,000円
午後1時~午後9時半 76,200円 70,000円
午後6時~午後9時半 63,000円 58,000円
終日 90,500円 83,000円

*超過時間料金/1時間につき7,000円

◇控室(ひと部屋)

 
午前9時~正午 3,000円
午後1時~午後5時 3,000円
終日 4,500円

*午前から午後にかかる場合は終日扱いとする
超過時間料金/1時間につき500円

◆プレス21(設置料と空調費を含む)

 
時 間 土・日・祝日 平 日
午前9時~正午 14,000円 13,000円
午後1時~午後5時 14,000円 13,000円
午後6時~午後9時半 19,500円 18,000円
終日 25,000円 23,000円

*超過時間料金/1時間につき2,000円

◇付属設備使用料

 
名 称 料 金
グランドピアノ* 10,000円
ピアノ調律* 20,000円
ビデオプロジェクター/風の森ホール 10,000円
ビデオプロジェクター/プレス21 7,000円
拡声装置持ち込み料 4,000円

*風の森ホールのみ

(ご利用時間 午前9時~午後6時)

◆風の森ギャラリー

 
使用日数 料 金
1日間 32,000円
2日間 37,000円
3日間 42,000円
4日間 47,000円
5日間 52,000円
6日間 57,000円
7日間 62,000円
8日間 67,000円

*超過1日につき5,000円 搬入/搬出日(半日) 各3,000円

※利用料金はすべて消費税別です。

(株)福井新聞社 読者局読者センター
〒 910-8552 住所福井県福井市大和田2丁目801番地
TEL 0776-57-5140
FAX 0776-57-5141

10月のイベント案内

◇風の森ホール◇

【ちょっと素敵な音楽会 混声合唱団「コールメローネ」】 18日(金)午後7時~

  「あなたに届けたい心のハーモニー」と題し、昭和の歌謡曲や童謡など、懐かしい曲に美しい歌声を響かせる。
 森田公民館の文化活動サークルとして1994年に発足。98年、女声合唱団から混声になった。2014年の県合唱祭で金賞受賞。15年に行った20周年記念コンサートには、700人を超える聴衆を集めた。
 「ペチカ」「ブルーライトヨコハマ」などは混声で歌い上げ、「いのちの歌」などは女声、「海、その愛」は男声と、多彩なハーモニーを聴かせる。中田久美さんが指揮、笈原麻衣子さんが伴奏を担当。マリンバ奏者の山内貴大さんがゲスト出演しソロ演奏するほか、伴奏にも加わる。笈原雅久団長は「歌好きな仲間が集まって作るハーモニーを楽しんで」と語る。

 チケットの購入、問い合わせは本社読者センター=電話0776(57)5140。1600円(全席自由)。主催・福井新聞社

 

プレス21・風の森ギャラリー

【福井新聞文化センター文化祭】 25日(金)~27日(日)

 文化祭は年に1度、園児からシニアまでの受講生が学びの成果を披露するもので今年で12回目。書道や絵画、手工芸、生け花、着付け、川柳・短歌など38講座の作品を3日間通して展示する。
 音楽や舞踊、バレエ、ダンスなど22講座が参加するステージ発表は26、27の両日、風の森ホールで。いずれも入場無料。にぎやかな会場の中にひとときの静けさと安らぎの空間を提供する茶席もある。抹茶席は2階の茶室「閑閑亭」(26日表千家、27日裏千家)、煎茶席は27日のみ1階エントランスで。いずれも1席500円。また、木工細工や色鉛筆画、焼かない陶芸といった体験講座を26、27日、日替わりで開講(全9講座、材料費実費、当日受け付け)。
 福井新聞文化センター=電話0776(57)5200(月~土曜午前10時~午後8時、日曜祝日は休み)。