交流ゾーン「風の森」

交流ゾーン

県民・読者や地域にいっそう親しまれ、明るく開かれた新聞社に…。
そんな思いを込めて、交流ゾーン「風の森」を設けました。
ホール、ギャラリー、カフェや屋内外に配したアート群。
この空間をさまざまな樹木が包み込みます。
緑と陽光の中を、風がさわやかに流れ、人々が行き交う。
語らいや、やすらぎ、文化の場を提供いたします。
 
[風の森の意味]

「風」には、情報が行き交うことや、時代の流れの意味があり、「森」には、やすらぎの場と人々が集い合うイメージを表しました。

本県出身の漢字学者、白川静氏からは「風の森」の揮毫(きごう)と解説をいただいています。白川氏は、「風」について、古くは神がその意を風に託して宣布したとして、「今でいえば、メディアである」と考察。そのうえで「この森は、その風の森である」と意味付け、メディアとしての福井新聞の役割に期待感を寄せています。この意味を深く自覚しながら、地域密着型の施設として多くの人々に広く利用していただきます。
 

施設紹介

風の森ホール


イスのみ300人収容、イスのみ(頭重ならず)230収容、机+3人脚イス165人収容

ホールは300人収容。高い天井空間、木調と純白の壁面の落ち着いた雰囲気、ガラス壁を通して外光が柔らかく入り込みます。音楽会、各種講演会など、いろんな文化的な催しにご利用いただけます。
 

プレス21


会議室兼ギャラリー、イスのみ80人収容、机+2人脚イス56人収容

多目的ホールとして会議や、ビデオ上映会などが開け、またギャラリーとしても利用できます。
 

風の森ギャラリー・風の森カフェ


展示用パネル30枚あり、(タテ1m、ヨコ0.9m)

 ホール前には、ホワイエとギャラリー、カフェを設けました。2階部まで吹き抜けの施設両側の壁面は、床から天井まで透明ガラス。屋外と一体感を醸し、開放感が漂います。絵画や写真、書などの作品発表の場として、幅広くご利用ください。

 美術鑑賞を終えたら、ギャラリーとバリアフリーで広がるカフェでティータイムを満喫できます。コーヒーなどの飲み物や特製ケーキを召し上がりながら、知的なひとときに浸ることができます。会議室等のお食事もご用意できます。ぜひご利用ください。

 また、屋外には、種類の竹とササや、ケヤキなどの高木、中低木の樹木34種類を植栽。緑に包まれた街づくりをアピールします。とりわけ、竹は日本文化の象徴で、「竹の庭園」を通して、竹文化の見直しを提案しています。
 また、これらの環境の中に、本県出身の国際的な彫刻家、土屋公雄氏が石組みの造形作品を制作。大地の生命力やたくましい福井の山並みなどを象徴しています。そのほか、現代美術の造形作品なども配し、アート回廊でアクセント付けています。
 

新聞おもしろ館


本館2階には、だれもが楽しく新聞と触れ合える「新聞おもしろ館」があります。新聞巻き取り紙、鉛活字時代の製作工程を今に伝えるビデオの上映、歴史的な出来事を報道した紙面の数々。ほか「紙と環境」「広告の歴史」「印刷と輪転機」など、楽しみながら学べます。

風の森ホール・ギャラリーなどご利用申し込み、見学のお問い合わせ

(株)福井新聞社 読者局読者センター

〒 910-8552
住所: 福井県福井市大和田2丁目801番地

TEL 0776-57-5140
FAX 0776-57-5141

「風の森」施設利用料金表(税別)

 

◆風の森ホール(設置料と空調費を含む)

 
時 間 土・日・祝日 平 日
午前9時~正午 52,000円 48,000円
午前9時~午後5時 71,000円 65,000円
午後1時~午後5時 57,500円 53,000円
午後1時~午後9時半 76,200円 70,000円
午後6時~午後9時半 63,000円 58,000円
終日 90,500円 83,000円

*超過時間料金/1時間につき7,000円

◇控室(ひと部屋)

 
午前9時~正午 3,000円
午後1時~午後5時 3,000円
終日 4,500円

*午前から午後にかかる場合は終日扱いとする
超過時間料金/1時間につき500円

◆プレス21(設置料と空調費を含む)

 
時 間 土・日・祝日 平 日
午前9時~正午 14,000円 13,000円
午後1時~午後5時 14,000円 13,000円
午後6時~午後9時半 19,500円 18,000円
終日 25,000円 23,000円

*超過時間料金/1時間につき2,000円

◇付属設備使用料

 
名 称 料 金
グランドピアノ* 10,000円
ピアノ調律* 20,000円
ビデオプロジェクター/風の森ホール 10,000円
ビデオプロジェクター/プレス21 7,000円
拡声装置持ち込み料 4,000円

*風の森ホールのみ

(ご利用時間 午前9時~午後6時)

◆風の森ギャラリー

 
使用日数 料 金
1日間 32,000円
2日間 37,000円
3日間 42,000円
4日間 47,000円
5日間 52,000円
6日間 57,000円
7日間 62,000円
8日間 67,000円

*超過1日につき5,000円 搬入/搬出日(半日) 各3,000円

※利用料金はすべて消費税別です。

(株)福井新聞社 読者局読者センター
〒 910-8552 住所福井県福井市大和田2丁目801番地
TEL 0776-57-5140
FAX 0776-57-5141

1月のイベント案内

◇風の森ホール◇

『福井大学グリーンエコ-合唱団 第57回定期演奏会』  (14日(月)午後2時~)

 およそ半世紀の歴史がある伝統あるサークル。毎年、1年間の練習の成果を発表する場として演奏会を開いている。午後1時半開場。入場無料。主催・福井大学グリーンエコー合唱団

 

『ちょっと素敵な音楽会 新春公演 宮城道雄を奏でる』  (18日(金)午後7時~)

 箏の生田流宮城社大師範の戸田博美さん(福井市)が、宮城宗家の牧瀨裕理子さん(東京)らと総勢12人で出演する。箏曲家の宮城道雄が作曲した「春の海 など、新春を彩る箏曲6曲を、三絃や尺八を交え優雅に奏でる。

当日は、箏と忠澤誇浮山さん(鯖江市)の尺八による「春の海」で幕開け。関東、県内の宮城社会員9人も登場し「さくら変奏曲」や「唐砧」「比良」などを披露。終幕は全員で「飛鳥の夢」を合奏する。主催・福井新聞社

 

◇風の森ギャラリー◇

『第42回県子ども会壁新聞コンクール作品展』 (5日(土)~14日(月))

 県内各市町の子ども会から応募のあった壁新聞180点から、市町審査を経て知事賞に選ばれた正蓮花子ども会(坂井市)の「アーモンドの調査隊新聞」をはじめ、入賞作を展示する。主催・県子ども会育成連合会、共催・福井新聞社

 

◇風の森ゾーン◇

『第35回 ふるさとの花をいける 水仙いけ花展』 (18日(金)~21日(月))

 県華道協会加盟の10流派が、水仙の美しさ、愛らしさを生かした作品約70点を展示する。 福井市、越前町、南越前町で昨年12月から開催している第44回水仙まつりのフィナーレを飾る。主催・県華道協会、越前海岸観光協会連合会、福井新聞社