金剛院

このエントリーをはてなブックマークに追加

6千本のろうそくが灯る7月15日の「みたま祭り」が有名

永享5年(1433)に開かれ安泰寺と称したが、天正年間に焼失し、後に領主青木紀伊守におり再建された。慶長15年(1610)の府中領主本多富正により青木氏の城跡の現在地に移された。また、毎年7月15日に行われる「みたま祭り」では、6,000本のろうそくの灯りの中、僧侶が経を読みながら歩き、幽玄な雰囲気が漂う。
【施設情報】
住所福井県越前市深草2丁目2-37
電話番号0778227188
URL
営業開始時間
営業終了時間
基本利用料金
貸し出しサービス
付帯施設・設備座禅体験
予約
利用可能期間
この情報は2007年3月19日現在のものです。店舗・施設の金額表記などの情報は、変更となっている場合があります。詳しくは店舗、施設にお問い合わせください。