えちぜん勝山駅舎

このエントリーをはてなブックマークに追加

大正息づく勝山駅舎 和風と洋風の同居

京福線の大正3(1914)年3月の開通時に建てられたもので、木造2階建て瓦ぶき。1階が竪羽目板張りペンキ塗りの洋風、2階が漆喰塗りの和風の県内にない和洋折衷型駅舎として、当時の姿を現在に伝えています。駅舎南側が造築された以外に大きな変化は無く、内部のホーム待合所も昭和初期には存在していたことが確認されています。
【施設情報】
住所福井県勝山市遅羽町比島34-2-7
電話番号0776528888
URL
営業開始時間
営業終了時間
基本利用料金
貸し出しサービス
付帯施設・設備
予約不要
利用可能期間
この情報は2010年1月6日現在のものです。店舗・施設の金額表記などの情報は、変更となっている場合があります。詳しくは店舗、施設にお問い合わせください。