新聞社の挑戦するフィールドは無限  吉田社長メッセージ
「新聞力」に一層磨きをかけ、地域と共に歩み、考え、汗を流す企業でありたい。社員みんなで新しいことに進んで挑戦し、ワクワク、ドキドキを大切にする、ノリのいい会社でありたい。福井新聞社は日頃からそんなことを考え、さまざまな活動、事業を展開しています。活動するフィールドも無限に広がっています。
 新聞社の仕事の現場は、人と人との関係で成り立っています。取材相手の言葉を引き出すためにも、広告クライアントの意図を的確につかむためにも、欠かせないのはコミュニケーション能力です。職場で良好な人間関係を築くためにも重要です。
 では、コミュニケーションをとるにはどうすればいいのか。相手の人は、自分の刺激になる人と、ならない人、どちらと積極的に付き合ってくれるでしょうか。結局は自分を磨き、引き出しを多くすることが大切です。人付き合いがうまくできれば、さらに刺激を受け、自分が磨かれる、という好循環が生まれます。仕事の厳しさを和らげ、楽しさを増すための秘訣は、自分磨き、そして人との交流です。
 福井新聞社は、世の中、人に関心を持ち、好奇心と正義感のある仲間を求めています。どの職場にも、刺激とやりがいがたくさんあることをお約束します。ぜひ一緒に働きましょう。

福井新聞社 代表取締役社長
吉田真士
基本綱領
企業理念 福井新聞社は、新聞発行を基軸に 総合情報活動と創造的事業を展開します。 地域と共に歩み、郷土の発展と、そこに生きる人々の幸せに貢献します。 常に社会の変化を見つめ、社業の発展と生活向上を目指します。 編集方針 読者からもっとも信頼され、地域のことならなんでもわかる日本一の郷土紙をつくります。 地域の人々と共に考え、生活に役立つ情報を提供します。 言論の自由を守り、真実の報道を貫き、編集の独立を堅持します。 行動指針 わたしたちは 新聞が社会の公器であることを自覚し、品位と節度ある行動に努めます。 わたしたちは 時代の要請にこたえ、変革への精神を持ち続けます。 わたしたちは 互いに理解と信頼を深め、一致協力します。
採用ブログをチェック▶


TOP