2021年
5月16日 日曜日
越山若水
2014年5月、あの時のショックは今なお鮮明に覚えている。日本創成会…
絵のことは疎い。その自覚はあるが、知人に引っ張られるようにして県立美…
米大リーグで活躍した松井秀喜さんは現役時代…
きょうは「看護の日」。クリミア戦争に従軍し献身的な看護からクリミアの…
かわいいとか、怖いとか、賢いとか、おとなしいとか、人が動物に対して…
天気の良い日を選び、越前町の越知山に向かった。今まで縁がなかったが…
舞台は戦災、震災を乗り越えた1954年ごろの福井市。高校生3人組を主人公…
ことわざの「風が吹けば桶屋が儲かる」は、誰もが知っているだろう…
「暑さのpeakらしい。初めて開襟のシャツで登院した」(7月15日)…
福井を舞台の青春スポーツ小説の題名に…
「男には喉仏ありラムネ乾(ほ)す 村上杏史(きょうし)」。初夏の日差…
「陽炎や道灌どのの物見塚」。この一茶の句にある「物見」は見張り、監視…
「人生100年時代」。英国の研究者が2016年出版の「LIFE SHI…
パンデミック(世界的大流行)を引き起こした新型コロナウイルス。ワクチ…
小倉山/峰のもみぢ葉/心あらば/今ひとたびの/みゆき待たなむ(藤原忠平)…
長い人生、自分の思い通りに行かないことは何度もある。そんなとき人間はつ…
「子どもの私にとってのシベリア鉄道は霞の奥の奥の夢幻のかなたの存在だっ…
富士山観測を50年以上も続けている高校がある。東京都武蔵野市の成蹊学…
「水温(ぬる)む」の季語はもともと池や沼の早春の様子を指す。ただ…
1982年、日生劇場で「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」と題…


Pick Up
新型コロナ、福井の相談窓口
コロナで世間一変「疎を楽しむ」暮らし…
杉本彩さんのEva通信
【D刊で全記事】北陸新幹線開業遅れ
コラム「敦賀海保日誌」スタート
連載コラム「『死にたい』と向き合って」
Restart福井×東京オリンピック
福井の未来をかなえるCF「ミラカナ」








福井新聞からのお知らせ
「ガンバル仲間を応援!」募集中「ガンバル仲間を応援!」募集中



文化センター コミュニティー広告 ぷりん まだ現金派?福井の電子マネーカードで暮らしを便利に!