福井県庁=福井市大手3丁目

 働き方改革の一環として福井県は、県庁正庁で実施してきた年頭の仕事始め式を2020年から取りやめる。庁内テレビで杉本達治知事の年頭あいさつを放映する形式に簡素化する。県秘書課は「職務に専念してもらう」としている。

⇒【D刊】福井県政のニュースが充実

 年末に庁内のテレビで放映してきた知事あいさつも廃止する。県秘書課によると、茨城県や長野県では19年から仕事始め式を取りやめている。

 20年1月6日の仕事始めに当たり、午前10時から15分間、杉本知事のあいさつを庁内テレビで放映する。また録画映像について県インターネット放送局で視聴できるようにする。

 仕事始め式は年明けの業務スタート時、県庁で勤務する課長補佐級以上の職員約300人を集め、知事があいさつするのが通例として行われていた。

関連記事