12月23日午後1時ごろ、福井県大野市の民家の1階天井裏に前日昼から居座っていた成獣のクマ1頭が駆除された。けが人はなかった。

 大野市によると、現場は市和泉診療所から約100メートル東側。クマは体長1メートル50センチだった。

 22日午後3時20分ごろ、住宅に併設された物置からクマが住宅側に移動したのを住人が目撃。連絡を受けた猟友会と市職員が同日午後5時ごろから煙による追い出しをしたが、居座り続けた。23日午前8時ごろから再び追い出しを試みたものの動く様子がなかったため、危険と判断して午後1時ごろに駆除された。

 住人3人は22日に近くの別宅へ避難。市は周辺住民に注意を呼び掛けるとともに小中学校や保育園に周知した。23日の登校時は大野署員がパトロールした。

関連記事