福井県庁=福井県福井市

 福井県警福井署は12月23日、過失運転致傷と酒気帯び運転の疑いで福井市在住の福井県職員の男(52)を逮捕した。同署によると「酒の影響で覚えていない」と話している。

 逮捕容疑は酒気を帯びて22日午後6時5分ごろ、同市宝永4丁目の県道(通称フェニックス通り)で乗用車を運転。信号待ちで停止していた同市の飲食店従業員の60代男性の乗用車に追突し、男性に打撲を負わせた疑い。

⇒【D刊】飲酒検問に密着、緊迫の摘発

 同署によると、男性の110番で駆け付けた署員が飲酒検知し容疑が分かった。ともに同乗者がいたが、けがはなかった。

関連記事