リンクでスケートを楽しむ来場者=12月20日、福井県福井市のハピテラス

 福井県福井市のハピテラスに12月20日、今冬もアイススケート場がオープンした。初日は無料開放され、まちなかを訪れた若者や家族連れらが初滑りを楽しんだ。

 市と第三セクターまちづくり福井が、ハピリン開業の2016年度から毎冬に期間限定で開いている。

 高校の終業式後に友人とJR福井駅西口を訪れた男子生徒(16)=福井県大野市=はスケート初挑戦。「めっちゃ怖かったけどハラハラ感が楽しかった」と笑顔を見せた。

 冬休み中のアルバイト先に向かうため福井駅に寄った男子大学生(21)=東京都=も滑りを楽しみ「気軽に立ち寄って遊べるスポットがあって良かった」。福井市に帰省中の男性(32)=愛知県名古屋市=は、2人の娘を初心者用の補助具につかまらせてリンクを2周ずつし「ローラースケートやスケートボードがはやっていた高校生のころを思い出しながら楽しめた」と話していた。

 アイススケート場「すまいるスケートハピリンク」は来年2月11日まで平日午後4~7時、土日祝日は午前10時~午後8時。24日から1月6日と、スケート教室の開催時は営業時間が変更になる。料金は靴代込みで大学生以上1100円、中高生800円、小学生以下600円で、手袋が必要。問い合わせはまちづくり福井=電話0776(30)0330。

⇒【D刊】ハピテラスにスケート場、写真もっと

関連記事