2019年12月19日午後3時21分ごろ、東北地方で発生した地震による各地の震度(気象庁HPから)

 気象庁によると12月19日午後3時21分ごろ、東北地方で地震があった。この地震による津波の心配はないという。青森県三八上北で震度5弱、岩手県北部で震度4と強い揺れを観測した。

 気象庁によると震源地は青森県東方沖で、震源の深さは約50キロ。地震の規模を示すマグニチュードは推定5.5だった。気象庁は、地震を受けて記者会見し「揺れが強かった地域は、1週間ほど最大震度5弱の地震に注意してほしい」と呼び掛けた。

各地の震度は以下の通り。

青森県

震度5弱 階上町

震度4 八戸市 三沢市 おいらせ町 三戸町 五戸町 青森南部町

岩手県 

震度4 久慈市 二戸市 軽米町 野田村 岩手洋野町 一戸町

震度3 盛岡市 宮古市 八幡平市 滝沢市 葛巻町 岩手町 紫波町 矢巾町 普代村 九戸村

秋田県

震度3 鹿角市 小坂町

 東北電力によると、青森県東通村にある東通原発に異常はなかった。日本原燃によると、青森県六ケ所村にある使用済み核燃料再処理工場に異常はなかった。
 

関連記事