中日の入団記者会見で笑顔を見せるドラフト1位の石川昂弥内野手=16日、名古屋市

 中日は16日、名古屋市内のホテルで育成を含む新人7選手の入団記者会見を開き、ドラフト1位の石川昂弥内野手(18)=愛知・東邦高、185センチ、90キロ、右投げ右打ち=は「いよいよドラゴンズの一員としてプレーできる喜びを感じている。三冠王を目指して日々努力していきたい」と力強く話した。背番号は2に決まった。

 通算2千安打を達成し、来季から中日で1軍の内野守備走塁コーチを務める荒木雅博の番号を背負う。ドラフト会議で3球団から1位指名を受け、抽選の結果中日が交渉権を獲得した石川は「とてもすごい選手だったので、2番に恥じないプレーをしたい」と目を輝かせた。

関連記事