東村新一氏

 任期満了に伴う福井県の福井市長選挙は12月15日投開票され、無所属現職の東村新一氏(67)=自民、国民、公明、社民推薦=が、無所属の元警察庁職員黒川浩一氏(46)、共産党公認の元市議会議員西村公子氏(64)の新人2人を破り、4選を果たした。投票率は37・43%。

⇒福井市長選挙の開票速報はこちら

⇒福井市の課題は…D刊に福井市長選挙特集

 東村氏は、今年4月の中核市移行や、2023年春に予定される北陸新幹線金沢―敦賀(福井県敦賀市)延伸を見据え、福井駅周辺の再開発事業を進めたなどと実績をアピールした。

関連記事