途中出場したグリズリーズの渡辺(右)と競り合うウィザーズの八村。NBAで初めて日本人対決が実現した=メンフィス(USA TODAY・ロイター=共同)

 第2クオーター途中から出場したグリズリーズの渡辺(18)。ウィザーズの八村(8)との日本人対決が実現した=メンフィス(共同)

 【メンフィス(米テネシー州)共同】米プロバスケットボールNBAは14日、各地で行われ、八村塁のウィザーズは敵地テネシー州メンフィスで、渡辺雄太がツーウエー契約を結ぶグリズリーズと対戦し、NBAで初めて日本人対決が実現した。八村は先発して約29分プレーし10得点、4リバウンド、渡辺は約7分で無得点、3リバウンドだった。ウィザーズは111―128で敗れ、4連敗となり7勝17敗。

 八村は開幕から24試合連続で先発出場。2桁得点を8試合連続に伸ばした。

関連記事