バドミントンワールドツアーファイナル女子シングルス準決勝 中国選手に敗れた山口茜=12月14日、広州(共同)

 バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第4日は12月14日、中国の広州で各種目の準決勝が行われ、シングルスの女子は山口茜(福井県立勝山高校出身、再春館製薬所)が陳雨菲(中国)に、奥原希望(太陽ホールディングス)が戴資穎(台湾)に、ともに0―2で敗れ、決勝進出を逃した。

 ダブルスは混合の渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が中国ペアに1―2で競り負けた。

関連記事