13日、ホワイトハウスで記者団に話すトランプ米大統領=ワシントン(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米野党民主党が多数を占める下院本会議は18日にも、ウクライナ疑惑を巡る弾劾訴追状案を可決し、トランプ大統領が弾劾訴追される公算となった。ホワイトハウスと与党共和党は来年1月にも上院で開かれる弾劾裁判への対応策の検討を開始。上院は共和党が多数派で主導権を握ることが可能なため、トランプ氏は反撃の機会をうかがっている。

 トランプ氏は13日、ホワイトハウスで記者団に、弾劾裁判を長期化させてでも、民主党側に不利となる証人を呼びたい考えを改めて強調した。

関連記事