福井市長選挙に立候補した(左から)西村公子氏、黒川浩一氏、東村新一氏

 任期満了に伴う福井市長選は12月15日投票、即日開票される。元市議会議員で共産党新人の西村公子氏(64)=文京5丁目、元警察官僚で無所属新人の黒川浩一氏(46)=開発1丁目、4選を目指す無所属現職の東村新一氏(67)=照手4丁目=による三つどもえの争い。

⇒福井市長選挙の開票速報はこちら

⇒福井市の課題は…D刊に福井市長選挙特集

 3候補は8日の告示以降、選挙カーで市内を回って街頭演説を重ね、個人演説会や決起大会を開いて支持を訴えてきた。

 期日前投票は9~12日の4日間で1万5421票と、前回に比べると4165票多いものの、投票所数が同じ今春の市議選に比べると1921票少なく、やや低調のまま推移している。

 7日現在の選挙人名簿登録者数は21万7597人(男性10万4295人、女性11万3302人)。

関連記事