契約更改を終え、来季の抱負を記した色紙を手にする楽天の銀次=13日、仙台市の球団事務所

 楽天の銀次内野手が13日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、2500万円増の年俸1億1千万円プラス出来高払いでサインした。今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、来季から3年契約を結んだ。6月に31歳で通算千安打に到達し「40歳までやりたい。2千本打ちたい」と力強く語った。

 今季はパ・リーグ4位の打率3割4厘をマークし「目標は首位打者。野球をやっている以上はずっと狙う」と宣言。記者会見で色紙に日本一と記し「チームとして日本一。個人としても日本一の打者になりたい」と来季に向けて意気込んだ。(金額は推定)

関連記事