記者会見を終え、握手する大塚家具の大塚久美子社長(左)とヤマダ電機の山田昇会長=12日午後、東京都中央区

 大塚家具の大塚久美子社長、ヤマダ電機のロゴマーク

 ヤマダ電機は12日、経営再建中の大塚家具を30日付で子会社化すると発表した。約44億円の第三者割当増資を引き受け、出資比率は議決権ベースで51・74%になる。大塚家具は販売が低迷し、赤字経営が続いていた。店舗閉鎖などリストラを進めたが財務体質は改善せず、身売りに追い込まれた。

 ヤマダは住宅関連事業に力を入れており、大塚家具と2月に業務提携して商品供給や社員の派遣を受けていた。子会社化で連携を一段と深め、大塚家具の業績回復にも貢献したい考えだ。

 大塚家具は創業者の大塚勝久氏と長女の久美子社長の経営権を巡る対立でブランドイメージが低下、売り上げが落ち込んだ。

関連記事