記者会見後、笑顔を見せる夫婦漫才コンビ「宮川大助・花子」=11日午後、大阪市

 宮川花子さん

 夫婦漫才コンビ「宮川大助・花子」の宮川花子さん(65)は11日、所属する大阪市の吉本興業で記者会見し、血液のがんの一種である症候性多発性骨髄腫を患って入院していることを明らかにした。復帰のめどはたっていないという。

 現在はリハビリ中で、同席した医師によると、病状は回復に向かっているという。

 半年ほど前から休業していたが、これまで病名を明らかにしていなかった。

 花子さんは夫大助さん(70)と1979年にコンビを結成。2017年に夫婦で紫綬褒章を受章した。

関連記事