記者会見する第三者委員会のメンバーら=11日午前、神戸市役所

 神戸市立六甲アイランド高で2017年12月に当時1年の男子生徒(18)が校舎から飛び降りて重傷を負った問題の経緯を調べていた第三者委員会は11日、「教諭から2日間で計約16時間の別室指導を受け、退学があり得ると思わせる不適切な発言があった。自殺を決意するほど追い込まれた」とする報告書を市教育委員会に提出した。

 報告書などによると、生徒は同級生を動物に例える悪口を言ったことなどについて、学年の指導担当の教諭らから2日間、激しい口調で指導を受けた。

 その中で謹慎などの処分を含む特別指導への発展を示唆する発言が繰り返され、生徒は退学を示唆していると受け取った。

関連記事