小田和正『Kazumasa Oda Tour 2019 ENCORE!! ENCORE!! inさいたまスーパーアリーナ』

 これまでここでたくさんのライブ映像をご紹介してきた。しかしひとくちに「ライブ映像」といっても、本当に多様な表現方法があるなあと毎回、考えさせられる。

 本作はとにかく、観客の「抜き(一人か二人の被写体をアップにして写す)」カットが多いのだ。老若男女、さまざまなオーディエンスたちが、笑顔で手を叩いていたり、じっと聴き入っていたり、涙をこらえていたり、一緒に来た誰かと短く言葉を交わしていたりといった様子が、アーティストの演奏の間に挟まれている。その表情の一つひとつに豊かな感情が汲み取れるから、見ているこちら側の思いも共振して大きくなる。もらい泣き、もらい笑い、もらい感動というやつだ。

 ご紹介が遅くなりました、本作の主役であるアーティストの名は、小田和正。2018年5月の熊本公演からスタートした全国ツアーの追加公演にあたる『Kazumasa Oda Tour 2019“ENCORE!! ENCORE!!”』のなかから、6月27日にさいたまスーパーアリーナで行われた公演の模様を収録している。ピアノでの弾き語りも交えながら演奏したその曲数はなんと30曲。新旧のナンバーが織り交ぜられ、歌詞もMCもすべて字幕付き。変わらないその歌声と染み入るメロディ、そして短いながらトークにも思う存分浸ることができる。幕間に流された映像は、テレビ黄金期を生きてきたアーティストならではのサービス精神がにじみ、笑い声が会場を満たす。すごいなあ、私もがんばろう。鑑賞後、なんだかそんな、前向きな気持ちになれる良作だ。

(ソニーミュージック・6300円+税)=玉木美企子

関連記事