大学入試センター試験を利用する大学と短期大学の学校数

 大学入試センターは12月6日、2020年1月に行われるセンター試験を入試に利用する大学が、国公立大学と私立大学を合わせて858大学になると発表した。センターの集計によると2011年以降10年間で最多。

⇒「センター試験2020特集」はこちら

 内訳は大学706校、短期大学152校。

 大学のうち国立は82大学、公立91大学。国公立は全校が利用する。私立大学は533校が利用する。

 短期大学は公立が13校、私立は139校が利用する。

 年ごとの推移をみると、2011年には大学、短期大学を合わせて828大学で、一時期を除いて増加してきた。

 センター試験は2020年が最後で1月18、19日に行われる。21年からは大学入学共通テストとなる。

関連記事