冬晴れに浮かぶ雪化粧した白山。眼下には九頭竜川の清流=12月10日、福井県勝山市から撮影

 福井県奥越地方は12月10日午前、透き通った青空に恵まれ、石川県方面を望むと雪化粧した白山(はくさん)の鮮やかな姿が見られた。眼下には九頭竜川が流れ、雄大な自然の光景が広がった。

 標高2702メートルの名峰は今年は10月28日に初冠雪した。青空と白山の美しいコントラストは冬ならではだが、山頂にガスがかかって見えないこともある。

 この日、福井県勝山市の九頭竜川の沿いから見上げると美しい稜線がくっきりと浮かび上がっていた。
 

関連記事