純米大吟醸酒を加えたビーフカレー=福井県鯖江市吉江町の加藤吉平商店

 日本酒「梵」の醸造元、加藤吉平商店(福井県鯖江市吉江町、加藤団秀代表)は、純米大吟醸酒「梵 GOLD」を原材料に使ったレトルトカレー「純米酒カレー」を商品化した。豊かなコクが特徴で大人好みの味わいに仕上げた。

 同社の酒は、著名な料亭や和食店で料理の隠し味として使われており、カレーに加えてもおいしいのではと発案。ウスターソースを加え、中辛の本格ビーフカレーに仕上げた。加工段階でアルコール分は蒸発させているため、子どもでも安心して食べられるという。製造は大阪の食品メーカーが担った。

 加藤代表は「試行錯誤を重ねたレシピで、自信を持って提供できる味が完成した。冷めてもおいしく感じられる」とPR。価格は700円(税別)。県内外のスーパーや酒販店、土産物店で販売している。

関連記事