今回で最後となる大学入試センター試験は2020年1月18日、19日に全国一斉に行われる。受験生にとって大事な2日間となる試験を前に、時間割をあらためて確認したい。

⇒「センター試験2020特集」はこちら

【時間割】

 センター試験初日の1月18日は「地理歴史、公民」「国語」「外国語」があり、1月19日は理科(1)、数学(1)、数学(2)、理科(2)が行われる。「地理歴史、公民」、理科(2)については、登録した科目数(1科目か2科目)によって試験開始時間が異なるので注意が必要。

【1月18日】

■地理歴史、公民

「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」

2科目受験⇒9時30分~11時40分

1科目受験⇒10時40分~11時40分

■国語

「国語」

⇒13時~14時20分

■外国語

「英語」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」

筆記⇒15時10分~16時30分

リスニング「英語のみ」⇒17時10分~18時10分

【1月19日】

■理科(1)

「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」

⇒9時30分~10時30分

■数学(1)

「数学1」「数学1・数学A」

⇒11時20分~12時20分

■数学(2)

「数学2」「数学2・数学B」「簿記・会計」「情報関係基礎」

⇒13時40分~14時40分

■理科(2)

「物理」「化学」「生物」「地学」

2科目受験⇒15時30分~17時40分

1科目受験⇒16時40分~17時40分

【遅刻は何分まで許される?】

 大学入試センターによると、試験当日遅刻した場合は、試験開始後20分以内に限り、受験が認められる。リスニングは試験開始の17時10分までに入室していないと受験できない。「地理歴史、公民」と理科(2)は2科目受験する場合、入室限度時間は「地理歴史、公民」は9時50分、理科(2)は15時50分までに入室しないと、後半の2科目を含め受験することができない。

関連記事