8日、サンパウロで開かれたブラジル沖縄県人会による首里城再建義援金集めのイベント(共同)

 火災で正殿などが焼失した首里城

 【サンパウロ共同】正殿などを焼失した首里城(那覇市)の再建に向けた義援金を募るため、ブラジル沖縄県人会は8日、サンパウロで「ちばりよーうちなー(頑張れ沖縄)」と題して民謡や踊り、歌劇などの上演イベントを開催した。県人会関係者ら約800人が出席し、演者総勢約300人が代わる代わる登場したショーを楽しんだ。

 ブラジルの沖縄系日系人は約19万人とされ、日系社会でも最大規模を誇る。義援金に充てられる入場券は50レアル(約1300円)で、演者も支払った。募金自体は来年2月まで続け、一括して沖縄県に送る予定。

関連記事