関西電力が、役員らの金品受領問題で辞任する岩根茂樹社長(66)の後任を生え抜きの取締役6人から昇格させることが9日、関電関係者への取材で分かった。役員人事を審議する「人事・報酬等諮問委員会」を8日に開き、候補者案を提示した。有力視される副社長の森本孝氏(64)や彌園豊一氏(63)、稲田浩二氏(59)のほか、常務執行役員の島本恭次氏(61)も名を連ねた。

 原発が立地する福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)から多額の金品を受け取った問題で、関電の原子力部門の幹部の多くが退任した。次期社長候補は原子力とつながりが薄い、企画や営業畑の役員が中心となる。

 

※fastプランの方は、プラン変更が必要となります。