トライアドが販売する「収納三段飾り」

 通販事業を手掛けるトライアド(本社福井県越前市、中村善夫社長)は、コンパクトな雛人形飾りを商品化し、自社サイトなどで販売を始めた。

 飾る場所や収納場所が狭いという近年の住宅事情を考慮して企画した。「収納飾り箱」(幅30センチ×奥行き24センチ×高さ28センチ)や「扇面三段飾り壇」(幅26センチ×奥行き14センチ×高さ4・5センチ)は、漆器木地、木製雑貨製造業のヤマト工芸(福井県鯖江市)や、京都西陣地区の老舗人形工房と協力して製作した。

 同社は「桃の節句など季節を彩るディスプレーとして、お店の演出にも活用してもらえれば」としている。価格は「収納三段飾り 令花(れいか)雛」が2万9800円(税込み)、「ミニ扇面三段飾り ガラスの光姫(みつき)雛」が4万4千円(税込み)など。

関連記事