福井県の企業が製造を手掛けた超小型人工衛星「ジーサテライト」のレプリカ

 アニメ「機動戦士ガンダム」の模型を搭載した超小型人工衛星を打ち上げ、宇宙から2020年東京五輪・パラリンピックにエールを送るプロジェクトで、東京大学や福井県の企業が開発した超小型人工衛星「G―SATELLITE(ジーサテライト)」が完成し12月3日、東京都内でレプリカが公開された。実物は来年3月に打ち上げられ、選手への応援メッセージなどを発信して大会を盛り上げる。

 プロジェクトは、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会や宇宙航空研究開発機構(JAXA)、東大が進めてきた。東大とともに超小型人工衛星製造の研究に取り組んでいる福井県、セーレン(福井市)、鯖江精機(越前町)、春江電子(坂井市)がジーサテライトの開発を担った。

 ジーサテライトは縦横10センチ、長さ34センチで重さ2・9キロ。高さ約9センチの「ガンダム」と「シャア専用ザク」の模型と電光掲示板を格納し、小型カメラ7台も搭載している。国際宇宙ステーション(ISS)に向けて補給船で打ち上げられた後、宇宙空間に放出され、電光掲示板に日本語、英語、仏語でメッセージを表示。模型とメッセージを撮影した画像を、組織委がSNSなどを通じて公開する。

 この日の記者会見には東京大大学院工学系研究科の中須賀真一教授、機動戦士ガンダム総監督の富野由悠季さん、宇宙飛行士の山崎直子さんらが出席。富野さんは「ガンプラ(ガンダムのプラモデル)が本物の宇宙に出る。貴重な機会に感謝したい」と話し、山崎さんも「ジーサテライトにつながる超小型衛星の技術と人々の努力が、ワンチームとして感じられる」と笑顔を見せた。開発・製造を統括した同大の青柳賢英特任研究員は「衛星に内蔵したものを外に出すため、模型などの展開機構の設計・検証が難しかった」と振り返った。

 製造に携わったセーレンの山田英幸取締役執行役員(ふくい宇宙産業創出研究会会長)も会場に駆けつけ「可動部分が多く、このサイズの衛星ではほとんどない試みだった。この経験を生かし、今後の衛星製造では、より広範囲のミッションに対応できるだろう」と自信を深めていた。

関連記事