取材に応じる福井県高浜町の野瀬豊町長=2日午後、高浜町役場

 福井県高浜町の野瀬豊町長(59)は2日、町の事業を受注する県内のコンサルタント企業から金融機関より有利な金利で1500万円を借り入れていたと明らかにした。町の資産公開条例で借金を報告書に記載するよう義務付けているが怠っていたことも認めた。企業への便宜供与は否定した。町役場で報道各社の取材に答えた。

 野瀬氏によると、町長就任後の2011年3月、「金利0・5%で、16年3月までに返済」との借り入れ契約をコンサルタント企業と結び、1500万円を現金で受け取った。自身経営の会社の負債を返すためといい「複数の金融機関に相談したが融資を受けられなかった」と釈明した。

関連記事