2日午前11時40分ごろ、島根県安来市宮内町のアパートで小学生の男児と40代の母親が血を流して倒れていると119番があった。県警によると、男児はその場で死亡が確認され、母親は病院に搬送されたが、意識不明の重体という。県警は母親が無理心中を図った可能性があるとみて捜査を進めている。

 父親を含めて3人家族だが、アパートには母親と男児だけが暮らしていた。男児は11月下旬に行政の一時保護を解除され、帰宅していた。

 発見時に2人は別々の場所に倒れていた。鍵や窓が全て閉まっており、外から侵入した形跡はなかった。

関連記事