来年の干支にちみんだ、テンジクネズミとの年賀状用写真撮影会=12月1日、福井県福井市足羽山公園遊園地

 来年の干支「子(ね)」にちなみ、テンジクネズミ(モルモット)と年賀状用の写真を撮影できる催しが12月1日、福井県福井市足羽山公園遊園地で開かれた。お気に入りの1枚を撮ろうと、家族連れらが夢中でシャッターを切った。

 亥年ならミニブタ、酉年ならインコやアヒルと、干支に合わせ開いている。今年は茶色や黒の毛並みがかわいいテンジクネズミで、会場にはミニ門松やしめ縄を飾り付けた台、金色の背景幕を設置した。

 1匹を台に乗せ、職員が鈴や餌で正面に向かせている間に、家族連れや友人グループが持参したカメラで盛んに撮影。動物が好きで毎週のように同園を訪れるという福井市の児童(11)は「毛並みがつやつやでかわいかった。友達にも動物好きがいるので、年賀状を喜んでもらえると思う」と笑顔で話していた。

 撮影会は8日午前11時~正午、同午後2~3時にも開かれる。料金100円。問い合わせは同園事務所=電話0776(34)1680。

関連記事