激しく燃える住居兼作業所=11月29日午後6時40分ごろ、福井県福井市重立町

 11月29日午後6時15分ごろ、福井県福井市重立町の住居兼作業場から出火、木造平屋建ての作業場部分、鉄骨2階建ての住居部分とも全焼し、約1時間10分後に消えた。けが人はなかった。

 福井署によると、作業場と住居は廊下でつながっていた。住民は2人暮らしで、出火当時は2人とも不在だった。同署が原因や焼失面積を調べている。

 現場は、北陸自動車道福井北インターチェンジ(IC)の南東約1キロ。

関連記事