同乗していた乳児が重体となった事故現場=11月27日午後1時ごろ、福井県大野市南新在家

 11月27日午後0時半ごろ、福井県大野市南新在家の信号機のある国道157号交差点で同市、会社員男性(70)の乗用車と勝山市、保育士女性(32)の乗用車が衝突した。女性の乗用車の後部座席に同乗していた次女(8カ月)が頭蓋骨を骨折し意識不明の重体。女性も軽傷を負った。男性にけがはなかった。

 大野署によると、現場は見通しの良い片側2車線道路。南進してきた男性が右折中、女性は北進中だった。同署が詳しい原因を調べている。
 

関連記事