今年の冬は暖冬?

 新潟地方気象台は11月25日、北陸地方の12月から2020年2月までの3カ月予報を発表した。福井地方気象台によると、3カ月間の降雪量は平年並みか少ない見込み。

 福井地方気象台によると、温暖化の影響などで、上空の偏西風は日本付近で北に蛇行するため寒気の影響が少なくなる。北太平洋のアリューシャン低気圧の日本付近への影響も弱く、冬型の気圧配置は長続きしない見込み。

 昨年12月から今年2月までの福井の降雪量は累計で、12月に20センチ、今年1月は19センチ、2月は3センチで、担当者は「昨シーズンより雪が降るだろう」としている。

 また、気象庁が同日発表した3カ月予報によると、来年1月にかけて気温は全国的に平年並みか高く、2月は平年並みとなる見通し。日本海側の降雪量は北日本(北海道、東北)、東日本(関東甲信、北陸、東海)、西日本(近畿、中国、四国、九州)のいずれも平年並みか少ないとしている。

関連記事