ネズミよりモグラに近い仲間のヨツユビハリネズミ。体長約15センチと小さく、かわいらしい見た目です。トレードマークは背中に生えた針。その数は5千本ほどとか。びっくりしたり、怒ったりすると針をツンツンに逆立てて外敵から身を守ります。

 ⇒「動物園では虫や野菜のほか何を食べているの?」「昼、夜のどっちに活動するの?」飼育員さんの解説動画はこちら(D刊)

 ⇒ほかの動物の動画もたっぷり「D刊Zoo」

ヨツユビハリネズミのお腹=福井県福井市の足羽山公園遊園地

 ヨツユビハリネズミはその名前の通り、ほかのハリネズミでは5本ある後ろ足の指が4本しかありません。前足の指は5本あります。

 針は毛が硬くなったもので、時々抜けて生え替わるそうです。針を逆立てた時は、飼育員さんでも痛くてなかなか持てません。でも普段は針を寝かせているので安心してなでたり、触ったりすることができます。

においでエサを探すヨツユビハリネズミ=福井県福井市の足羽山公園遊園地

 においでエサとなる昆虫を探します。動物園では虫のほか、サツマイモやニンジンを与えています。

 ヨツユビハリネズミがいるのは、足羽山公園遊園地(ミニ動物園、福井県福井市山奥町)。月曜日休園(祝日の場合は翌日)。入園無料。

 ⇒ほかの動物の動画もたっぷり「D刊Zoo」

関連記事