記者会見する福井県高浜町の野瀬豊町長=22日午後、高浜町役場

 関西電力役員らの金品受領問題を受け、福井県高浜町の元助役関連企業への発注状況を調べていた同町の監査委員が、町との一部の随意契約に関し「疑問を抱かざるを得ない処理があった」とする報告をまとめたことが22日、町関係者への取材で分かった。

 関係者によると、疑問視されたのは児童指導員の派遣や、役場の清掃業務などを巡る随意契約数件。予定価格が50万円を超えているのに随意契約していたほか、書類に随意契約した理由が記載されていなかったり、不適切な理由が書かれていたりした。

 ただ、監査委員は「職員の恣意や外部圧力をうかがわせる事案はなかった」としている。

関連記事