福井県庁=福井市大手3丁目

 関西電力役員らへ金品を渡していた福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)から、福井県幹部が贈答品を受け取っていた問題で、調査した県幹部ら313人のうち、109人が金品を受け取っていたことが11月21日分かった。そのうち29人が儀礼の範囲を超えており、商品券10万円と純金小判(10万円相当)1枚の計20万円相当を受け取った職員もいた。県が設置した調査委員会が同日結果を公表した。

⇒関電金品受領問題の特集はこちら

 森山氏と関係があるとされる企業への県発注状況の調査の結果も公表、「森山氏が県発注工事など県行政への影響を与えた事実は確認されなかった」とした。

 県は調査結果を受け、2014年度に高浜町の元助役を訪問した際に純金小判(10万円相当)1枚と商品券10万円相当を受領した当時健康福祉部課長級の50代男性職員について、戒告の懲戒処分を行ったと発表した。同日付。

関連記事