福井県高浜町の元助役森山栄治氏(同町提供)

 関西電力役員らの金品受領問題を受けて福井県が設置した調査委員会は21日、現職幹部と元幹部ら計109人が、同県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)から現金や贈答品を受け取っていたとの報告書を公表した。うち21人は「儀礼の範囲を超えている」と認定。10万円相当の商品券や小判をもらった人もおり、21人の受領額は合計122万円相当、1人当たりの最高額は20万円相当だった。2003年に退任した栗田幸雄元知事も中元や歳暮を受け取っていた。

 森山氏が県に対しても人脈を確保しようとしていた動きが改めて確認され、公務員のコンプライアンスの甘さも露呈。

関連記事