殺人未遂事件の発生後、現場周辺を調べる捜査員=11月18日午前1時40分ごろ、福井県福井市飯塚町

 知人男性を包丁で刺して殺害しようとしたとして、福井県警福井署と県警組織犯罪対策課は11月20日、殺人未遂の疑いで住所、職業不詳の男(35)を逮捕した。同署は裁判員裁判対象事件として認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は17日午後8時55分ごろ、福井市飯塚町の商業施設に面する市道で、市内在住の30代男性と口論になった際、刃渡り約20センチの包丁で左脇腹や左太ももなど数カ所を刺して殺害しようとした疑い。男性は約1カ月の重傷。

 同署によると、男は包丁を現場付近に置いて逃走し、20日に石川県金沢市内で逮捕された。事件当時、ほかに複数の関係者が現場におり、「人が刺された」と119番した。男のものとみられる車を押収しており、男や知人男性が現場にいた経緯などを調べている。

 発生直後には捜査車両約10台が駆け付け、現場周辺は騒然となった。

関連記事