11月22日のオープンに向け、準備が進む福井県内初の大型ブックカフェ=11月15日、福井県福井市新保北1丁目のワイプラザ新保

 ヤスサキ(本社福井県福井市、安崎昌治社長)は、改装工事を進めてきたワイプラザ新保(同市新保北1丁目)2階に福井県内初の大型ブックカフェなどを入居させ、11月22日にリニューアルオープンすると発表した。ブックカフェは蔵書約13万冊の「TSUTAYA BOOKSTORE(ツタヤ・ブックストア)」とタリーズコーヒーの一体型で、北陸最大級の規模。コーヒーを飲みながら好きな書籍を読む居心地のよい空間を提供する。

 リニューアルするのはグルメ館の2階フロア。従来は衣料品、雑貨の専門店など7店舗が入居していた。「地域のお客さまに新たな価値の場、豊かな暮らしを提案したい」と、体験を楽しむ「コト消費」を重視した店舗を目指し9月上旬から改装工事を進めてきた。

 ツタヤ・ブックストアの店舗面積は1269平方メートル。専門書や雑誌、漫画など多彩なジャンルの蔵書を取りそろえ、児童書コーナーは広いスペースを確保して親子の読み聞かせイベントも開く。文具や雑貨も豊富で、県内初導入となる化粧品や食雑貨など約600商品を置く。DVDなどのレンタルは行わない。

 ブックストアと一体のタリーズコーヒーは215平方メートルで、客席100席以上を用意。ドリンク1杯を注文すると、購入前の本2冊まで持ち込んで読むことができ、Wi―Fi(ワイファイ)利用やパソコン持ち込みも可。ブックストア側にもソファを用意し、テークアウトのドリンクを飲める。

 フロアにはこのほか100円ショップ「ダイソー」、親子向け室内遊園地「あそびマーレ」、フィットネスジム「FIT365」などが入居する。ブックカフェの営業時間は午前9時半から午後10時まで。

関連記事