フィリピン東で発生した台風27号の進路予想図(気象庁ホームページより)

 気象庁によると11月20日午前9時、フィリピンの東で熱帯低気圧が台風27号になった。時速約20キロで北西へ進んでいる。台風の中心気圧は1000ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心から半径190キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

 現在はフィリピン北から台湾方面に進んでいる。

 11月に発生した台風としては5個目。1951年以降では1964年と1991年の6個に続いて2番目に多い。

 また台風26号は同日午前9時、ルソン島で熱帯低気圧に変わった。

関連記事