聴衆の質問に答えるれいわ新選組の山本太郎代表=11月19日、福井県福井市のハピテラス

 れいわ新選組の山本太郎代表が11月19日に福井県を訪れ、福井市のハピテラスで、聴衆からの質問に答える「街頭記者会見」を行った。嶺南地域に15基が立地する原発について、「原発をやめるには国が判断するしかない。廃炉に投資し、立地地域と雇用などについて話をしていく必要がある」と強調した。

 山本代表は東京電力福島第1原発事故に触れ、「原発で何か起きたら、人の手は付けられない」と指摘。「大都会に電気を送り続けてきた立地地域に感謝の念を持ち、一刻も早く安全に廃炉にすべきだ」と訴えた。

 その後、山本代表は福井県教育センターに移動。重度障害の娘を持つ福井市の60代の夫妻から、「重度障害者のグループホームを造ってほしい」など国への働きかけを求める5項目の要望書を受け取った。

 次期衆院選を見据えた全国行脚の一環で、9月から北海道を皮切りにスタート。国政政党の代表として、初めて福井を訪れた。

関連記事