一瀬明宏氏

 任期満了に伴う2020年春の福井県高浜町長選に、前回16年に出馬した元福井県議の一瀬明宏氏(62)が立候補する意向を固めたことが11月19日、分かった。近く正式に表明する。

 一瀬氏は、前回の落選後には「次回もやると決めていた」と述べ、既に後援会役員に出馬の意向を伝えたという。「行政と町民との距離をより近くし、スピーディーに事業を進められるようにしたい。住んでいてよかった、住んでみてよかったと思える町にしたい」と意気込みを語った。

 一瀬氏は日本大学卒。高浜町議を経て1999年、県議に初当選。3期務め、副議長などを歴任した。16年の町長選では1787票差で現職の野瀬豊氏(59)に敗れた。

 野瀬町長は現在3期目で、12月の定例町議会で態度を明らかにするとみられる。

関連記事