遺体が見つかり、騒然となった現場=11月17日午前8時20分ごろ、福井県敦賀市

 11月17日午前7時50分ごろ、福井県敦賀市の会社役員岸本太喜雄さん(70)方で、太喜雄さんと90代の両親が遺体で見つかった。太喜雄さんの遺体には首を絞められたような痕があり、敦賀署と県警捜査1課は同日、太喜雄さんを殺害したとして、妻の会社役員政子容疑者(71)を殺人の疑いで逮捕した。政子容疑者は「3人の首を絞めた」と供述しており、同署などは、太喜雄さん以外の2人も殺害したとみて捜査を進めている。

⇒夫殺害容疑の妻、介護苦労か

 逮捕容疑は同日未明、同市の木造2階建ての自宅内で太喜雄さんの首を絞めるなどして殺害した疑い。太喜雄さんの遺体は2階寝室で見つかった。検視の結果、死亡推定時刻は同日午前2時ごろから同3時ごろ。遺体近くにタオルがあり、凶器の可能性があるとみて調べている。

 同居の父、芳雄さん(93)と母、志のぶさん(95)の遺体は1階のベッドで見つかった。3人ともあおむけの状態だった。

 政子容疑者から義父母を手にかけたとの趣旨の連絡を受けた親族が110番したという。政子容疑者は睡眠薬を飲み、救急搬送されたが、命に別条はなかった。

 近所の人によると、太喜雄さんは足が不自由で、両親も介護が必要な状態だったとの話もあり、政子容疑者が一人で3人の世話をしていたらしい。

 現場はJR敦賀駅から南に2・5キロの国道8号沿いの山あいの集落内。

関連記事