サウジアラムコのロゴ=2017年3月、バーレーン・マナマ(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコは17日、国内証券取引所に新規上場する株式の公募価格を発表した。算出された企業価値は1兆6千億〜1兆7千億ドル(約174兆〜185兆円)となり、時価総額1兆ドル超の米アップルや米マイクロソフト、日本最大のトヨタ自動車などを上回り、世界最大となる公算が大きくなった。

 アラムコの発表によると、公募価格は1株30〜32リヤル(約870〜930円)。株式総数は2千億株という。最終的な価格は12月5日に公表するとしている。

 アラムコは今回の新規株式公開(IPO)で、株式の1・5%を売り出す見通し。

関連記事