ファミリーマート松山空港店に陳列されている「カール」

 松山空港のカールおじさんと明治の松山工場が描かれた看板

 麦わら帽子に口ひげを蓄えた「カールおじさん」で知られ、2017年から西日本でしか手に入らなくなった明治のスナック菓子「カール」。全国で唯一の生産地となった松山市では、販売縮小をきっかけにご当地土産としてカールを買い求める観光客が増え、県の「特産品」として新たな注目を集めている。

 「ようこそカールの松山へ」。土産店が立ち並ぶ松山空港1階では、カールおじさんと明治の松山工場が描かれた看板が目を引く。ファミリーマート松山空港店では、搭乗前の多くの客がカールを手にしていた。東京から来た会社員中川貴文さん(35)は「愛媛に来るたびに買っている」という。

関連記事