2019年7月に生まれたレッサーパンダの双子の赤ちゃんが、福井県鯖江市の西山動物園で一般公開されています。じゃれあったり、走り回ったりする愛らしい姿で、来場者の人気者になっています。

頬を寄せ合うレッサーパンダの双子の赤ちゃん=福井県鯖江市の西山動物園

 ⇒「レッサーパンダはどこにすんでいるの?」「双子のお父さんとお母さんは?」飼育員さんの解説動画はこちら(D刊)

 ⇒ほかの動物の動画もたっぷり「D刊Zoo」

 7月12日に生まれた双子の赤ちゃんはメスで、名前は「令花(レイファ)」と「ニーコ」。体長は30センチ、体重は1キロほど。どちらも小柄ながら、好奇心旺盛で順調に成長しています。

一般公開が始まったレッサーパンダの双子の赤ちゃん=福井県鯖江市の西山動物園

 父親は西山動物園で生まれた「モッチー」、母親は静岡市立日本平動物園から西山動物園に来た「まつば」。西山動物園としてレッサーパンダの赤ちゃんの誕生は2017年以来となります。

 西山動物園では当面、毎日午後1時半から約30分間、一般公開しています。

 西山動物園(福井県鯖江市)は月曜日休園(祝日の場合は翌日)。入園無料。

 ⇒ほかの動物の動画もたっぷり「D刊Zoo」

関連記事