福岡県大川市を提訴し記者会見する、倒れた小型ゴールの下敷きになり死亡した梅崎晴翔君の父親=13日午前、久留米市

 福岡県大川市立川口小学校で2017年、4年梅崎晴翔君=当時(10)=が倒れた小型ゴールの下敷きになり死亡した事故で、遺族が13日、安全管理を怠ったとして市に約4300万円の損害賠償を求め、福岡地裁柳川支部に提訴した。

 遺族側は、学校がゴールポストを固定せず、月1回実施することになっていた安全点検も16年11月以降行っていなかったとして、管理に問題があったと主張。事故後の市の調査も、なぜ点検されなかったかなどが明らかでなく不十分だと指摘している。

 梅崎君は17年1月、サッカーの授業中、ゴール上のネットにぶら下がり落下した直後、倒れたゴールに挟まれ死亡した。

関連記事